無教会・駒込キリスト聖書集会リンク集


ありのままの姿で


 そのとき、弟子たちがイエスのところに来て、「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」。と言った。そこで、イエスは一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、言われた。「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ。決して天の国に入ることはできない。自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。わたしの名のためにこのような一人の子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」                      (マタイによる福音書18章1‐5節)


*               *                *


 子どもは親が愛しているからこそ親の前では、自由奔放に、ありのままの姿でいることができます。神と人との関係もまったくそのようです。神に愛されていることを知るときに、子なる私たちは、安心して、自分のありのままの姿でいることができるのです。

  弟子たちは、天国での出世まで考えています。人は、自分の出世、この世での立ち回り、そのためのとりつくろい、に励み、本来の自分でない自分を造り上げ、疲れてしまいます。そのために精神は疲弊し、病にも至り、体の健康も損なうのです。

  しかしイエスは子どものようなありのままの姿でよい、そのような者でなければ神の国に入ることはできない、と言っているのです。

 神の国は、神に愛されている者たちの集うところです。父親なる神の前で、自由に何のとりつくろいもなく、喜び、悲しみ、苦しみ、大声で笑う者たちのいるところです。

 神に愛されている、そのことを知るのは、神に子どものようなありのままの姿で受容されるときです。

 罪を犯しても犯したままで、悔い改めることができないならばできないままで、贖われなくてもよいからそのままで、そのままの姿で私のところへいらっしゃい、という神の招きにそのまま〝はい″と言って受け入れられる者は、救いはありのままの姿で神に受容されることだと気付くのです。救いとは、悟ることでも偉くなることでも聖くなることでもありません。ただそのまま、今のありのままの姿で神に受容されることです。

 ありのままのあなたでよいのです。神はそのような者を受け入れ、喜びます。

 (2022年9月1日)

 


<東京都・新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置解除後の礼拝に関して>


 東京都のまん延防止等重点措置は2022年3月21日をもって解除となりました。この後は今井館も開館となり、集会室も使用できることになりましたので、3月27日聖日礼拝から、今井館内集会室での礼拝を開始しております(ご事情で会場にお越しになることが難しい方々はZOOMでのご参加)。

 礼拝日時:毎週日曜日 10時~12時


 会場:今井館 第2第3集会室   東京都文京区本駒込6-11-15 


              【会場・今井館地図】


 ※ご参加に際してのお願い:今井館の入り口はセキュリテイがかかっていますのでそのままでは入れません。礼拝開始は10時からですが、9時30分以降に、入り口脇にあるインターフォンの数字ボタン「203」を押してから「呼び出し」を押してください。中から応答いたします。参加者と認められた場合は、中から入り口をお開けします。


※「礼拝案内」もご参照ください。

(2022年3月22日)


 ■2022年9月4日(日)、11日(日)の礼拝に関して


今井館が2022年9月1日から13日まで館内工事のために臨時休館となりますので、9月4日(日)および11日(日)の礼拝は今井館では行わず、ZOOMでの礼拝となります。


9月18日(日)からは再び今井館での礼拝となります。


   

★伝道雑誌『十字架の祈り』(主筆・荒井克浩〔駒込キリスト聖書集会主宰〕)をご購読ください。

 

★伝道・集会・無教会に関する短文ー「恩恵」ー

 

★「無教会の概要」(2012年4月30日に駒込キリスト聖書集会伝道所で行われた「福音の前進と無教会」講演会の新聞記事より; キリスト新聞7月7日付号・14日付号)

 

★『「福音の前進と無教会」講演会記録集』刊行のお知らせ(注文書あり)